ホーム > 事例紹介 > 住宅の事例 神楽坂海老屋ビル
神楽坂の地で長年おそば屋さんを営み続けていたオーナー。
残念ながら数年前に廃業され、老朽化した木造2階建ての建物を、鉄筋コンクリート4階建てへお建替えする設計をされました。

建設地は神楽坂本多横丁に面し、賑わいのある商業地域であることから、1.2階はテナントへの賃貸借し、オーナー宅は3.4階に設ける計画としました。
上層の住宅へはホームエレベーターを設けることにより、上り下りの負担も軽減。外壁は前面タイル貼りとし、メンテナンスしやすい建物となるよう設計しました。
■旧外観
海老屋さんというおいしいおそば屋さんをここで営まれていたそうです。
■外観
お建替えによって、住宅は明るい3、4階の上階へ。
1、2階はテナントへ賃貸借できる複合用途のビルに生まれ変わりました。
■外観(夜景)
テナントはフレンチレストランが入りにぎわっています。
■欄間
住宅内には取り壊す以前のお宅にあった欄間を取っておいて、LDに取り付けました。カウンター下部の収納も、以前おそば屋さんで使っていたものです。
■障子
古いすだれ障子も新しい建物に復元し、懐かしい雰囲気を少しでも新しい建物に継承できるようにしました。